WEBというものについて

WEBというものについて

WEBというのは、実はあくまで標準的なものをいいます。基本としてはインターネット上で用いられている、文章の閲覧、公開、動画などを一体化してみることが出来るシステムのことです。文書内に、他の文書を組み込むことができます。これをハイパーテキストといいます。志津は、このWebというのは、蜘蛛の巣、と言う意味であり。要するに色々なところに繋がっている、ということなのです。元々は、軍事目的であり、それが研究目的になっていき、そして最終的に企業に広がり、一般的にも使われるようになった、ということです。はっきりいって現代ではかなり便利なシステムとして周知されています。国によってコストは違うのですが、日本はそこそこ安いコストでWEBを使うことができるようになっています。

ちなみに注意しないといけないのは最初は性善説で作られた、ということです。最近ではウイルスとかスパイウェアなどがたくさんあるのですが、昔はそうしたことが想定されておらず、セキュリティ、という側面ではまだまだ脆弱であることが多く、意外と課題が残っているシステムでもあります。しかし、それでも現代社会には欠かせないシステムになっていることは確かなのです。

ピックアップ情報

Copyright (C)2018WEBというものについて.All rights reserved.